ソフトバンク、米ドリームワークスを買収か

買収額は約3700億円にのぼる可能性

 9月28日、ソフトバンクが米映画製作大手ドリームワークス・アニメーションSKGと買収交渉を進めていることが明らかになった。写真はソフトバンクの孫社長。8月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京/ニューヨーク 28日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>が米映画製作大手ドリームワークス・アニメーションSKGと買収交渉を進めていることが明らかになった。関係筋がロイターに対して述べた。

米ハリウッド・リポーターによると、ソフトバンクは1株32ドルで買収を提案。週末の終値は22.36ドルで、約43%上乗せした額となっている。買収額は34億ドル(約3700億円)にのぼる可能性がある。

ソフトバンクの広報担当者は28日、「噂や憶測についてはコメントを控える」として言及を避けた。

ソフトバンクは7月、米国に「ソフトバンク・インターネット・アンド・メディア(SIMI)」を設立し、最高経営責任者(CEO)として米グーグルの元最高事業責任者ニケシュ・アローラ氏を招へいすると発表した。ハリウッド・リポーターによると、両社の間を取り持ったのは、ニケシュ氏だという。

新作映画「ヒックとドラゴン2」(原題:How to Train Your Dragon 2)の興行収入が前作を下回るなか、ドリームワークス・アニメーションは厳しい経営環境にあり、4─6月期の売上高は前年同期の半分近い1億2230万ドルに落ち込んだ。

純損益は1590万ドルの赤字(前年同期は2220万ドルの黒字)となり、収益基盤の強化が急務となっている。

 

(志田義寧 編集:宮崎大)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。