ニコンが“技術力”の金看板外す決心、カメラ業界の壁が融解《新しい経営の形》

ニコンが“技術力”の金看板外す決心、カメラ業界の壁が融解《新しい経営の形》

日本を代表するブランドの一つ、ニコン。世界のプロカメラマン御用達が金看板であった同社が今、長い時間をかけ築き上げてきた誇りの象徴、“技術のニコン”というブランドイメージからの脱却に、必死で取り組もうとしている。

この転換点で指揮を執るのは、6月就任したばかりの木村眞琴社長だ。直近7年間、映像カンパニー(カメラ事業)の長を務めた後、苅谷道郎会長に重いバトンを託された。

“売る発想”を探し出せ 業界2強にも脱落の危険

10年前、社内では異色の新規事業室に所属し、ITバブルに沸く米国でもまれていた。ある日、当時カメラ事業トップに就いたばかりの苅谷氏が、ニューヨークまで会いに来た。面識こそないが、木村社長のことを「ウルサイがデキるやつ」と聞きつけての渡米。わざわざ足を運ぶ理由があった。その当時も、ニコンのカメラ事業は転換期に立たされていたのだ。技術畑を歩んできた苅谷氏は、マーケティングを経験し、少しでも“売る発想”に長けた適任者を探し、引き上げる必要に迫られていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。