高まる「在外インド人」の政治パワー

モディ首相の米国訪問でも大きな集会

外交活動を活発化させるモディ首相。9月中旬には中国の習近平主席のインド訪問があった。9月下旬には米国を訪問する(写真:AP/アフロ)

当連載は次回から、知られざるインドの企業研究シリーズをお届けする。その前に、“番外編”として、2014年5月のインド総選挙を支えた国外居住インド人(NRI)について触れたい。

5月の総選挙は、インドの多元的民主主義の強固さとソフトパワーおよび国家制度の回復力を再び示したことで世界中の注目を集めた。今年の選挙戦が非常に人の心をつかむものになった要因は、単に新しい政治家の顔ぶれが出現したことだけでない。実は、そこにこれまでにないグループが積極的に参加した。何百万人におよぶ強力な国外居住インド人である。

2014年総選挙で果たした役割

総選挙の時点で、ナレンドラ・モディ氏の人気は、国内外の支持者のあいだで絶頂を迎えていた。国外居住者がインド国内の政治的出来事に関心を持つのはこれが初めてではない。彼らは何らかの形で関わってきた。国内の家族に送金するように(インドは世界最大の送金受領国である)、在外インド人(NRIs)は政治運動にも献金を行ってきた。

今回注目すべきことは、寄付金の額と寄付者の数の多さである。さらに重要なのは、非常に多くの人々が国外に現実に存在するという事実そのものと彼らによる選挙運動への積極的な参加であり、このことは関心の高さと支持の影響力の大きさを表している。

在外インド人のモディ氏支持者チームは、「NaMo(ナレンドラ・モディ)チーム」と呼ばれている。インド人は世界中のほぼ100カ国の国に居住しており、それぞれの国でインド人達は集会や毎週の討論会を組織し、インドの政治的出来事や最近の傾向などを議論し始めた。在外インド人による“NaMo for PM(モディ氏を首相に)”運動は、故郷にいる親戚や友人に電話をしたり、その町での関心事や問題を知ろうと努めたりする、という形で貢献した。議論の中で集められた関心事や問題は、ソーシャルメディアで広められたり、モディ氏の政党事務所があるそれぞれの地域の適切な人物に伝えられたりもした。

毎週のようにNaMoチームはハングアウト(ビデオ通話)も行い、どうすれば運動を軌道に乗せるための効率的な貢献ができるかについて議論した。時間を費やすことのできない人は寄付を行った。

次ページNaMoチャイパーティーとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。