日立は、こうしてインド事業を2倍に増やす

インドに根づいた活動を展開

日立インド・ソフトウェアグループのゼネラルマネージャー、田村正義さん
日立のインドにおける目標は「社会イノベーション事業を通じてインド社会の中長期的発展に貢献する」だ。日立のインドでの事業規模は大きく、2013年度に1000億円の売り上げを達成し、2015年度にはそれを、ほぼ2倍の2100億円にすることを目標としている。
インドのバンガロールを拠点に活躍している日立インドのソフトウェアグループのゼネラルマネージャー、田村正義氏はインドに対する情熱にあふれている。その目標は、インドで、インドと共に、インドと世界のために寄与することにある。
田村氏は、アンデラプラデッシュ州にあるSASI工科大学 (SASI Institute of Engineering and Technology)から名誉教授の称号を与えられた。NMIMS経営大学(Narsee Monjee Institute of Management Studies)も同様に田村氏に名誉教授の称号を授与している。田村氏はこれまでインド29州の内の20の州を訪れ、多数のインド映画から学び、インドについて書かれたたくさんの書物を読んできた。バンガロールの公用語であるカンナダ語も話すことができる。
そのようなインドにおける幅広い活動と経験を活かし、田村氏はNASSCOM(インドの全国ソフトウェア・サービス企業協会)のJapan Council(日本協力委員会)の副会長も務めている。

ボンベイが日立初の海外支社

――日立がインドでこれまで行ってきたこと、事業規模などを教えてください。

 日立は1935年にインドでの最初の一歩を踏み出しました。そして今では31の会社があり、と約10000人の従業員が日立グループで働いています。1935年にはムンバイにオフィスを開設しましたが、これが日立にとって初の海外支社でした。

1953年には電気機関車を、1958年には水力発電装置を供給しています。1997年にはソフトウェアのオフショア開発をインドで始めました。

次ページ日立にとってインドの重要性は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。