AKB48メンバーが憲法を“ガチ”で学んだ!

アイドルが真剣に取り組んだ「憲法本」

内山奈月さん(左)と南野森さん(写真提供:PHP研究所)
アイドルが書いた憲法入門書がヒットしている。タイトルは『憲法主義――条文には書かれていない本質』(PHP研究所)。7月の発売直後にはAmazonの「本のベストセラー」で1位を獲得、すでに5万部を突破しているという。
憲法の条文暗唱を特技とするAKB48の内山奈月さんに、憲法学者の南野森・九州大学教授がマンツーマンで行った講義録を共著として1冊にまとめたもの。安倍政権による、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定もあり、タイムリーな関心を呼んでいる。共著者であるAKB48内山奈月さんと憲法学者の南野森・九州大学教授の2人に話しを聞いた。

 

――内山さんは元々、暗唱が得意だったのですか?

内山: はい。憲法に限らず、幼いころから名文、俳句など語感のきれいなものを暗唱していました。母の勧めで方丈記(鴨長明)、奥の細道(松尾芭蕉)、雨ニモマケズ(宮沢賢治)や小林一茶の俳句などを覚えました。

――その「暗唱」を特技として披露しようと思ったことは?

内山: 実は一度もなかったんです。アイドルの特技としては地味じゃないですか(笑)。(昨年6月の)武道館のAKBグループ研究生公演で一人ひとつ特技を披露するように言われ、いくつか候補を挙げた中で、チームキャプテンの峯岸みなみさんが「憲法暗唱」を勧めてくれたんです。反響がすごくて秋元康先生にも褒めていただけました。

憲法は国家権力を縛るもの

――講義でいちばん印象に残ったことは?

内山: 「憲法は国家権力を縛るものだ」という根本を教えていただきました。今まで暗唱したり勉強したりはしていましたが、このことは知りませんでした。国家権力が間違った方向に進んだ場合に「国民を守ってくれる存在」だということは意外でしたが、憲法に対して親しみを感じ、勉強しやすくなりました。

――勉強してみて、発見はありましたか?

内山: いろんな解釈ができるような文章が多いですよね。たとえば9条第2項について、たくさんの解釈があり、議論されていることも初めてしりました。そういったところもおもしろいと思いました。

次ページAKB48も参加型民主主義を実践?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。