AKB48のルーツは京都花街にアリ!?(下)

「会いに行けるアイドル」というビジネスシステム

今回は、前回に引き続きAKB48と京都花街の類似性について見ていきたいと思います。

舞妓さんは「会いに行けるアイドル」の元祖

「会いに行けるアイドル」は、AKB48のコンセプトです。秋葉原にある専用劇場に行けば、AKB48のメンバーに会うことができるということは周知の事実です。アキバに出掛けて、専用劇場でAKB48の舞台を楽しみ、メンバーと握手ができる。これがあるからこそ、現在のAKB48の人気があるといえます。

このように、アイドルという憧れの存在に、ファンがきちんと近づくことができる仕組みがある、それはAKB48のコンセプトに欠かすことができないものなのです。

ですから、AKB48の成功とともに、SKE48・NMB48など姉妹グループができ、地方の人が東京まで出掛けなくても、自分たちの近くの劇場でアイドルに会えるようになっています。たくさんグループができることで、ファンがそこに行けばアイドルに会うことができるというAKB48のコンセプトが、地方でも実現されました。

そして、これと同じ仕組みが、京都花街にはあります。しかも、その源流は1872(明治5)年と、140年前にまでさかのぼることができます。驚かれるかもしれませんが、舞妓さんはまさに「会いに行けるアイドル」の元祖だったのです。

京都花街の踊りの会

皆さん、京都では春と秋に芸舞妓さんたちが、踊りの会の舞台に立っていることはご存じですか?

次ページ気軽に舞妓さんに会える「踊りの会」とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。