やせた → 上司が優しくなった?!

幸せへの一歩は、外見磨きから

「人は見た目が9割」とよく言われる。美人か否か、太っているか痩せているかで、話の伝わり方が違うのだとか。見た目によって周囲の変化を実感した、3人の体験談をどうぞ。
やせると、仕事にまで好循環が生まれる?(写真:アフロ)

4年ぶりにお会いした経済評論家の勝間和代さん(45)は、見違えるように丸かった。体形のことではない。柔らかい笑顔に、穏やかな声。とりまく空気が、丸かった。

4年前の取材テーマは、iPhone活用術だった。

「電車を待っている数分でも、メールチェックすべし」「自転車通勤の時間もムダにせず、英会話アプリで学ぶべし」

機関銃のような勝間節は、メモをとるだけで精いっぱいだった。が、今回は様子が違う。

「こんにちは。暑いですね」「部屋が少し暗いですかね。電気、つけましょうか」

声も、空気も丸い。何があったんですか? 勝間さん。

「見た目が変わったせいでしょうか。最近、周囲に溶け込めている気がするんですよ」

男性陣が急に優しく…

もともと見た目を気にするタイプではなかった。会社員時代は化粧もそこそこ。洋服は「着やすければいい」と思っていた。

当時、見た目の重要性を教えられる機会があった。知人に、美人弁護士がいた。日中は、常に日傘をさす。お化粧もバッチリ。理由を聞くと、こう答えた。

「キレイな方が、仕事もらえるから」

美人ゆえにお金が稼げる。なるほど、世の中には「美人」という職業もあるのか。新たな発見だったが、当時はまだ会社員。仕事には困っておらず、まねるには至らなかった。

独立後も、見た目にこだわることはなかった。著書を出し、人前に出る機会が増えても、考えは変わらず。その間に体重は増え、9号の服が入らなくなった。テレビ番組のダイエット企画から、声がかかった。

「なるほど。痩せることが、仕事になるのか」

次ページ「敵」とみなされなくなった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。