「デパクロ」の功罪と百貨店の明日《それゆけ!カナモリさん》

「デパクロ」の功罪と百貨店の明日《それゆけ!カナモリさん》

 日経MJの「2010年上期ヒット商品番付」が発表された。大型ヒット商品の不作で東の横綱不在という寂しい結果の番付表。その東前頭3枚目に「デパクロ」が列せられた。「デパート+ユニクロ」を意味し、フォーエバー21なども含め低価格衣料品店が百貨店に相次ぎ進出し集客とある。

その百貨店、いったいどこへ行こうとしているのだろうか。

「小売りの王様」といわれる百貨店の苦境は、日本経済新聞、日経MJの記事には連日何かしらが掲載されているような状況が続いている。そして、今のところその出口は見えない。しかし、いくつかの模索する動き中で光明が見えてきてもいる。

■「デパクロ」は救世主たり得るか?

 上記番付の「デパクロ」。番付が発表された6月16日の記事の中では、4月に新宿高島屋店(東京・渋谷)やそごう川口店(埼玉県川口市)に開業した百貨店(デパート)内の「ユニクロ」が盛況とある。同時に番付表の寸評にも名が挙がっているフォーエバー21に関しては、米フォーエバー21が開業した松坂屋銀座店(東京・中央)は5月の売上高が4.4%増えた。フォーエバー21目当ての客が食品売り場などに流れるといった波及効果も生まれたとしている。

では、「デパクロ」は今後、百貨店復活の目玉になり得るのかといえば、6月9日付の日経MJの記事からは、どうやらそうでもない様相が見えてくる。

フォーエバー21とともに婦人靴や雑貨の集客の目玉として松坂屋銀座店に誘致された神戸レザークロス(神戸市)が本館2階で手掛ける「エスペランサマーケット」。SHIBUYA109(東京・渋谷)内の人気6ブランドを複合した新業態で、ファストファッションを意識した試みが詰まっているという。しかし、出店から1ヶ月半で「フォーエバーの来店客が回遊してくるとの見込みは甘かった」という結果だという。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。