グローバル金融ウーマンのキャリアと結婚

パリ、東京、ニューヨークを渡り歩き、国際結婚へ!

 「私が若い英語のできる日本人ならば、日本を出て行くであろう」
そう言ったのは、シンガポールの国父、リー・クワンユーだった。仕事を求めて海外へ出ることは、日本においても現実的な選択肢となりつつある。われわれ日本人が世界中の人材たちと対等に戦っていかなければならない時代は、もはや始まっているのだ。
 しかし世界では、どういった人材が求められているのだろう?
 本連載では、すでに海外でポストをつかみ第一線で活躍する若き日本人の中でも、いわゆる「駐在員」ではなく、「現地雇用」を得た人たちに注目したい。彼らの素顔、「海外出稼ぎ」の中で直面した困難や仕事の面白み、そして経済的な事情や日々の生活スタイルなどなどに触れることを通して、世界がこれからのわれわれに何を求めるのか、いわば「世界の募集要項」が何であるのかに迫っていく。
「海を渡り、世界で戦う」ことは、すでに人生の選択肢のひとつとして存在するのだ!

パリ、東京、ニューヨーク、そして国際結婚でパリへ

【名前、生年月日】 金子はな(1984年6月8日生) 【学歴】 上智大学外国語学部フランス語学科卒(2003/4〜2008/3)、パリ・ソルボンヌ大学大学院・ドフィーヌ大学大学院国際経営学修士(MBA)修了(2008/7〜2009/6)。 【職歴】 ゴールドマン・サックス証券株式会社 信用リスク管理・アドバイザリー部(2009/10〜2012/9)、日系メガバンクのニューヨーク支店(2012/11〜2014/5) 。
※写真は、2014年初夏職場近くのブライアントパークにて。左が金子さん。

金子はなさんは、あふれる好奇心を押さえ込まず、自身の思うままに人生を歩んできたように見える人だ。パリの大学院で経営学を学び、東京でのゴールドマン・サックス勤務を経て、日系メガバンクのニューヨーク支店に現地採用された。

しかし、何やら今度は、ニューヨークで出会ったフランス人の男性と結婚し、生活拠点をパリへ移すという。

「自分のやりたいこと、キャリアを優先してしまう人間だった」と自身を語る彼女だが、今回の決断に際しては、自分の内面的な変化に少し驚いてもいるようだ。

ひとつの経験が、次につながるきっかけをくれる。そう語る金子さんは、人生を、螺旋階段にたとえる。彼女の人生観やこれまでの経験から、国際的なキャリアを築くうえでの留意点、またグローバル人材として世界で活躍する女性の結婚観などを、のぞき見ていきたい。

次ページフランス語での喧嘩にも勝った留学時代
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。