新卒で米国の投資ファンドに就職してみた

TOEFL(IBT) 50点から、まるで「飛び級」のように

サンフランシスコの岡さんのアパートから見下ろすオフィス街

 

TOEFL(IBT)50点からの大躍進!

岡雄大さんは、日本の大学生が至難の業と思うであろうことをやってのけた。新卒で、投資ファンド、しかも本場アメリカの企業へと入社したのだ。プライベー ト・エクイティ・ファンドに入るには大変な競争があり、通常は外資系コンサルや大手投資銀行、さらには時に海外のMBAなどを経て入社するものである。そ れを新卒で、しかもアメリカのファンドへ入り込んでいってしまった。彼はいったいどんな魔法を使ったのだろうか?

【名前/生年月日】 岡 雄大/1986年3月24日)
【学歴】
早稲田大学政治経済学部卒業
【職歴】
Sustainable Capital, Partner and Director Aug 2013 - Present
Starwood Capital Group - U.S. (San Francisco) Feb 2011 - July 2013
Starwood Capital Group - Asia (Tokyo) Oct 2008 - Jan 2011
Starwood Capital Group - U.S. (Greenwich, Connecticut本社) May 2008 - Oct 2008

最初はTOEFL(IBT)が50点そこそこだったという早稲田大学の学生が、ひとり勉強を重ねながらアメリカへ飛び込み、職を手に入れた。日本支部勤務を経て、アメリカ西海岸へ。必ずしも日本人相手のビジネスというわけではなく、対等に外国人たちと競っていかなければならない。戦いの日々だったことだろう。

現在はシンガポールに拠点を移し、パートナーと自身のファンドを立ち上げた。そんな岡さんの過去、現在、そして未来について伺っていきたいと思う。

——いきなりアメリカへ飛び出し、しかもファンドへ就職。どのように異国での就職活動を進めていったのでしょう?

単純に会社へ履歴書などを同封して応募をします。と言っても、実際にあるポストが募集されているわけではないんです。電話やメールで直接連絡を取ってみたり、知人を介して頼み込んでみたり。日本と海外では就職活動のいろはが異なります。

次ページその選考プロセスとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。