海外就職、英語力がなくても意外にOK

新卒、第二新卒で海外に職を得た3人の場合

 仕事を求めて海外へ出ることは、日本においても現実的な選択肢となりつつある。われわれ日本人が世界中の人材たちと対等に戦っていかなければならない時代は、もはや始まっているのだ。しかし世界では、どういった人材が求められているのだろう?
 本連載では、すでに海外でポストをつかみ第一線で活躍する若き日本人の中でも、いわゆる「駐在員」ではなく、「現地雇用」を得た人たちに注目したい。彼らの素顔、「海外出稼ぎ」の中で直面した困難や仕事の面白み、そして経済的な事情や日々の生活スタイルなどなどに触れることを通して、世界がこれからのわれわれに何を求めるのか、いわば「世界の募集要項」が何であるのかに迫っていく。

 

今回は、3人の刺激的なキャリアパスを参照しながら、「新卒、あるいは第二新卒で海外での直接雇用を得る」というテーマを追ってみたい。読者の皆様は、新卒で海外に就職!? と驚かれるかもしれないが、実はこういったキャリアをたどる若者はすでに存在する。

海外で働くにはある程度の経験や実績がないと難しいのでは、と思われがちだが、実際はどうなのだろうか。新卒での海外現地採用へと至った経緯、選考プロセス、必要とされる条件、やりがいなど、多岐にわたって考察していきたい。

インターンから現地採用のチャンスをつかむ

【名前/生年月日】石川桂太/1990年06月05日
【学歴/資格】慶應義塾大学商学部卒/日本公認会計士試験合格
【職歴】インド地場会計事務所Corporate Catalyst Indiaにてインターンの後、Nomura Research Institute India, Consultant, Automotive Industry Consulting Division

まず、最初にご紹介したいのは、野村総合研究所のインド現地法人で経営コンサルタントを勤める石川桂太さん。

彼は慶応大学在学中に日本国公認会計士試験に合格。日本でも就職活動を行い、大手監査法人をはじめ、複数の魅力的な企業から内定を得ていた。

しかし、紆余曲折を経て、現在はインドで勤務をしている。どういった経緯があったのだろうか。

石川「大学4年生のときに“英語圏・途上国”でインターンしたいと思っていた矢先に、偶然、知り合いからインドの会計事務所に勤務されている方をご紹介いただき、その事務所のあるインドへと飛び込みました。

インターン時代、野村総研で勤務していた方と日本人コミュニティで出会ったのですが、その方から現地法人社長を紹介してもらい、ディナーに3回ほどご招待いただいて、気づいたら内定してました(笑)。日本でもいくつかの企業から内定をいただきましたが、やはり海外で挑戦したい、厳しい環境で成長していきたいという思いが強く、インドの野村総合研究所に就職することを決めました」

何とも、インターンで飛び込んだ先の縁が広がり、あっという間に内定にたどり着いたそうだ。確かに、海外の事情は日本からはよくわからない。現地に入ってしまい、情報やネットワークを得ていくのはひとつの戦法だろう。

次ページインターン先の企業からそのまま内定!?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。