日銀の出口戦略はどうなるのか

黒田総裁が考えている、「本当の戦略」とは?

中曽副総裁の会見が話題になったが、黒田総裁はどんな出口戦略を考えているのか(撮影:尾形文繁)

7月23日、日本銀行の中曽副総裁が講演後の記者会見で出口戦略について述べたことが話題になっている。いつもどおり、一部のメディアは、日銀だけが過去において量的緩和からの出口を経験している、と述べたことの揚げ足を取り、徹底的に非難しているが、もちろん、記者会見全文を読めば、中曽氏は、「過去の経験があるから大丈夫」とか、「自信がある」と言ったわけではないし、そういう意図もない。メディアの記事は、意図的なミスリードがこのように多くあるので、常に、記者会見は全文かやり取りの映像をすべて通して見るようにしないといけない。

出口戦略は、戦略ではない

しかし、もしかしたら、ミスリードする気のない善良なメディアも、また見識のあるエコノミストも誤解していることが多いかもしれない。とりわけ、日銀の出口戦略については、それが当てはまる可能性がある。

人々の誤解を生み出しているのは、出口戦略という言葉にある。出口戦略は戦略ではないのだ。

もちろん、広報という意味では戦略が必要であるし、金融市場、投資家の受け止め方がすべてであるから、投資家との対話は、戦略的に行なうべきであり、それは極めて重要だ。

次ページ市場との対話とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。