「子どもにスマホを渡すな」は時代遅れ!?

<動画>使わせるべきか? 使わせないべきか?

「東洋経済オンラインに、とんでもない記事が出ていた。まだこんな意見があるのかねぇ!?」・・・夏野剛氏はマユをひそめた。ヤリダマに上がってしまった記事とは、「子どもを"IT音痴"に育てよう」だ。

この記事は、世のお母さんからの深刻な悩みに対し、ミセスパンプキンがしっかり丁寧に回答する人気コラムだ。ミセスパンプキンは、ノンフィクション作家・柳田邦男氏が、ケータイ・スマホが子どもの人格形成にいかに悪影響を及ぼしているかについて書いた『壊れる日本人 ケータイ・ネット依存症への告別』などを引用し、「子供にスマホ・ケータイを持たせて無制限に使わせるのは、麻薬をプレゼントするようなもの」と警告を発する。

この考えに一理あると感じる世のお父さん、お母さんは多いだろう。実際、夏野家での子育ても、IT機器を無制限に使わせているわけではない。「下の子におさがりのiPadを使わせているけれども1日1時間と決めている」とのこと。つまり、野放図にスマホやらタブレットを使わせるのは止めましょう、ということでは意見は一致している。

学校が夏休みに入った今、各家庭における最大の悩み、「子供のスマホ」について、この際、ジックリ考えてみよう!

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションにより運営しています。
 
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。