アマゾンの時代に書店員が担う役割とは?

「町の本屋さん」のカリスマ店長は元シンクロ日本代表選手

世界の理系エリートが集まる米国トップスクールMIT(マサチューセッツ工科大学)。そこには、どんな学びがあるのか? 6年半の留学の後、紆余曲折を経て、夢のNASAジェット推進研究所に職を得た著者が、 『宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』 刊行を記念して大好評連載を一時復活!!
本記事で紹介する大阪の隆祥館書店の店長・二村知子さん。出版業界で一目置かれる「カリスマ書店員」で、元シンクロ日本代表選手という異色の経歴の持ち主でもある(『Meets』 6月号より、 撮影:伊藤菜々子)

アマゾンや電子書籍が盛隆する時代だからこそ

本を売るとは地道な作業なのだなあ、ということを、今回、著書を出版して知った。

1日に200冊もの新刊書が出る、出版洪水の時代である。ビートたけしや新庄剛志くらいの有名人の本なら、出すだけで注目されるだろう(そうです僕は阪神ファンです)。だが、そうでない大多数の本の場合は、少しでも注目してもらうために、まず出版社の営業担当が、そして編集者や著者自身も、1軒1軒書店を訪ね、書店員にあいさつして回るのである。

しかし、アマゾンや電子書籍が盛隆する時代に、なぜ書店員なのか。

紀伊國屋書店グランフロント大阪店の豊島寛子さんも「カリスマ書店員」のひとりだ。 宇宙関連の書籍の棚を担当しているのだが、彼女自身が大の宇宙好きだ。個人的な情熱で仕事をしているのは、エンジニアも書店員も同じなのだ。僕が色紙に即興で描いた、タコ焼きみたいな「火星チャン」をたいそう気に入ってくれた

書店員とは、ただ本を仕入れて売るだけの仕事ではない。たとえるならばソムリエのようなものだ。

洒落たフランス料理の店にでも入ってワインリストを開くと、何百種類ものワインがあって、どれを頼んだらいいのかわかったものではない。若い頃、デートでカッコつけるために付け焼き刃で予習していった経験のある男性諸氏も多かろう。

だが、少し年をとり、肩の力が抜けてくる年齢になると、素直にソムリエに聞くことを覚える。すると、彼らは料理や好み、その日の気分に合ったワインを薦めてくれる。

本も同じだ。星の数ほどもある本の中から自分に合った1冊を選ぶのは難しい。はやっている本や有名人の本が、必ずしも自分にとって面白いともかぎらない。

そんなとき、書店員を呼び止めて、何を知りたいか、自分が好きなジャンルで面白い新刊はないかと聞いてみる。すると、あなたの好みや、必要とするものに合った本を薦めてくれるのである。

紀伊國屋書店渋谷店の中村さん。自身で手作りした「活きる力 フルコース」というコーナーに、読んで「これは!」と思った本を展開している。また、彼は担当する就職活動のコーナーにおいても、毒にも薬にもならないような本があふれる中から、就活中の学生たちに価値があると思った本をよりすぐって置いている

だからこそ、著者や出版社の立場からすれば、地道に書店を回って、出版した本を書店員の人たちに知ってもらい、彼らの「ワインリスト」に加えてもらうことが大事なのである。

書店員の世界にも「カリスマ」がいる。ただランキング上位の品を薦めるだけならば誰にでもできる。「カリスマ書店員」と呼ばれる人たちは、日の目を浴びていない良書を見抜き、それを必要とする人に届ける力を持っている。流行に乗るのではなく、流行を生み出す力を持っている。

僕は有名人なんかでは決してないし、自著を名著だとうそぶくつもりもない。ローラの写真集にランキングで勝てるわけがないし、そもそも万人受けすることを 狙って書いた本でもない。

それでも僕の本にとって幸運だったのは、何人かの「カリスマ書店員」たちに、目をかけてもらえたことだった。

そのひとりが、この記事で紹介する、大阪にある隆祥館(りゅうしょうかん)書店の、二村知子さんである。 

次ページ13坪の小さな書店に百田尚樹氏がやってきた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。