富士フイルム、次の標的は「育毛」市場

ミドル女性の“薄毛の悩み"に応えられるか

富士フイルムは2006年から化粧品事業に参入していた(撮影:風間仁一郎)

あの富士フイルムホールディングスが今年9月、「育毛」市場に参入する。それもターゲットは女性だ。

主力製品の写真フィルムの研究開発で培った、コラーゲン、抗酸化、ナノテクノロジーという、3つのコア技術を横展開し、富士フイルムが化粧品市場に参入したのが2006年。2007年6月からは主軸ブランド「アスタリフト」を発売し、ミドルエイジ女性をターゲットとしたエイジングケア、美白などのスキンケア化粧品を展開している。

富士フイルムが9月に投入するのは、「アスタリフト スカルプフォーカス」シリーズ。頭皮用美容液、シャンプー、コンディショナーの3つだ。価格は頭皮用美容液が5700円(税抜価格)で、シャンプーやコンディショナーが2000円(同)となっている。

女性向けスカルプケアは3倍の伸び

調査会社の富士経済によると、2013年度の国内化粧品市場約2兆3000億円のうち、シャンプーやリンスなども含めたヘアケア・ヘアメイク関連は、全体の23%で約5300億円である。そのうち、今回参入するスカルプケア市場は、180億円弱となっている。

齋藤理佐子・ブランドマーケティンググループ長は、「女性向けスカルプケア市場は04年から300%の伸長を遂げており、化粧品全カテゴリーで最も伸びている。髪でもエイジングの悩みを持つ女性が増え、肌だけでなく髪も美しくありたいという、女性の意識の高まりが起きている」と、スカルプケア市場について見通す。

次ページ強みの化学技術で差別化
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。