富士フイルムが低価格コンデジに訣別宣言

ミラーレス一眼カメラにおける世界シェアを倍増へ

X-E2はレンズキットで15万円という価格設定

「低価格コンパクトデジタルカメラ市場の縮小はもはや常識。次の手をどのように打つかが課題だ」――10月18日、富士フイルムの田中弘志取締役は、デジタルカメラの新製品発表会で、このように語り、同社の戦略製品を披露した。

その戦略を一言で表すならば、高級機シフトだ。この日、富士フイルムが発表したのは高級機「Xシリーズ」3機種。1630万画素APS-Cサイズ(23.6ミリ×15.6ミリ)のCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式のミラーレス一眼カメラ2機種(11月9日発売の「X-E2」と11月23日発売「X-A1」)、1200万画素の2/3インチのCMOSセンサーを積んだコンパクトカメラの「XQ1」(11月23日発売)だ。

高級機と普及機を投入

画像を拡大
女性をターゲットに新色のレッドが加わった「X-A1」

このうち主役は、ハイアマチュア向け高級機種の「X-E2」(レンズキットの市場想定価格は約15万円)と、普及価格帯の入門機種「X-A1」(レンズキットの市場想定価格は約7万円)だ。

「X-E2」は世界最速0.08秒でピントが合うオートフォーカス機構を搭載。従来機種であるX-E1の進化モデルだ。一方の「X-A1」はレッド、ブラウン、シルバーの鮮やかなボディカラーがウリ。女性のカメラファンをターゲットにしている。

次ページ野心的なシェア目標
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。