株主に届かなかった神戸製鋼経営陣の危機感

関心があるのは増資よりも復配?

神戸製鋼の株主総会が開かれた、神戸市内の会場

6月25日、神戸製鋼所は神戸市内で定時株主総会を開いた。好天に恵まれたこともあり、出席者は921人(前年は670人)と、2009年度(822人)を超え過去最高を記録した。

同社は円高是正やアベノミクスの恩恵を受け、2013年度は2期ぶりに最終黒字を計上。年間で4円という復配も果たした。一方で、3月には鉄鋼事業の収益力強化を目的に公募増資を断行。市場から831億円を調達し、株式の希薄化率は17%にも及んだ。株価も冴えない展開が続いている。

総会の冒頭30分ほどかけて、川崎博也社長が2013年度の業績や中期経営計画の進捗を説明。質疑応答では昨年同様、12人の株主から19の質問があがった。

復配を評価する株主も

最も多かったのは、株主還元策と発電事業のリスクに関する質問。会社側はそれぞれの質問に「株主還元と成長投資のバランスを考えて検討していきたい」「3カ月遅れで(電力の外販)価格に転嫁しており、リスクを負う契約にはなっていない」と説明した。

ほかには『会社四季報2014年新春号』(2013年12月発売)が2013年度の配当を1~3円の復配と予想していたのに対し、会社側が4円配を実施したことを「よく努力された」と激賞する株主もいた。

次ページ会場の空気が一変した質問
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。