日韓鉄鋼バトル、5期ぶりに利益額が逆転

急回復の新日鉄住金、減速続く韓国ポスコ

新日鉄住金の中核拠点である君津製鉄所の高炉

悲願だった総合力ナンバーワン(生産量や売上高以外の技術や品質力、利益率で世界首位)にまた一歩近づいた。

新日鉄住金が1月30日に2013年度第3四半期(2013年4~12月)決算を発表した。売上高は4兆0374億円(前年同期比31.4%増)、本業の儲けを示す営業利益2216億円(前年同期は59億円の営業損失)と急回復した。

通期の見通しについては昨年10月に公表した売上高5兆4500億円、経常利益3400億円を据え置いた。1月中旬に名古屋製鉄所で2度の停電があり、生産がストップした影響については、最終的に10万トン程度の出荷減となるもよう。業績への影響は「設備の修繕、出荷の遅れ、復旧で最大100億円程度のコストアップ要因になる」(太田克彦副社長)という。

一方、ライバルである韓国ポスコが1月28日に発表した2013年度(2013年1~12月)決算は、売上高61兆8650億ウォン(約5兆8400億円)、営業利益2兆9960億ウォン(約2830億円)。前期比で売上高が2.7%減、営業利益が18%減と、2期連続の減収減益だった。

純利益は、新日鉄住金が第3四半期段階で1927億円なのに対し、ポスコが通期で1兆3550億ウォン(約1280億円)と、3カ月を残して新日鉄住金が上回った。新日鉄住金(2012年度以前は旧新日本製鉄と旧住友金属工業の単純合算値)がポスコを上回るのは、純利益の絶対額では2008年度以来、5期ぶり。少なくともこの10年間は、純利益率でもポスコを下回る状況が続いていた。

需要拡大とコスト改善

新日鉄住金の収益が急激に改善した要因は2つある。まず、円高の是正や景況感の好転により、国内の鉄鋼需要が拡大した。2013年度の国内粗鋼生産量は1億1200万トン程度と、リーマンショック前の水準に迫る見込みだ。

次ページ対照的な日韓2強
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。