ドコモ株主が質した「音声定額」への疑問

6月から始めたプランに質問が続出

主なやり取りは以下の通り。今後の成長戦略についての質問も多く寄せられた。質問を終えて議案の採決に移行する前には、興奮した株主が騒ぐ場面があった。加藤社長は一時的に議事を中止し、退場を命じている。

――有機野菜宅配のらでぃっしゅぼーやは収益に貢献しているのか。

岩崎文夫副社長 スマートライフのパートナーとして、安心安全な生活を支えるということでやっている。宅配なのでモバイルとのシナジーもある。ドコモショップも活用して販売しており、会員数は順調に伸びている。dショッピング(ドコモ独自の通販サービス)でも商品を取り扱っている。今後はABCクッキングやその他の周辺事業とも協業して拡大させていきたい。

――AT&Tやインドのタタへの出資で失敗した。海外展開をどう考えているか。

坪内和人副社長 米国やインドなど、必ずしもうまくいったものばかりではないが、成功したものもある。フィリピンの通信事業者PLDTには10年前に1700億円を出資しており、大成功している。配当は毎年百数十億円だ。現在は9カ国9事業者とアライアンスを組んで、世界で仲間を広げている。派手なM&Aではないが、地道にやっていきたい。新事業も海外に向けてやっていく。

――3期連続の減益だ。取締役の1名増員で経営体質の強化ができるのか。

坪内副社長 取締役を増やすことには明確な理由がある。今後強化していく分野はまずは新規事業。こちらでサービスの開発、販売力を進める。そして、手薄だった法人事業を強化することだ。全体の総合力を高めるという狙いがある。

――iPadが6月10日に発売された。売れ行きはどうか。

岩崎副社長 どちらかというと、大きなサイズの機種の売れ行きがいい。数字は言えないが、非常に好調だ。アンドロイドのタブレットに上乗せする形で販売できている。データシェアの新料金プランで2台目が安く使える影響があるのではないか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。