ダボス会議で最高のスピーカーは誰か

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(1)

 毎年1月、世界のトップリーダー2500名がスイスの保養地ダボスに集まる「ダボス会議」。このダボス会議を主催する世界経済フォーラムの「Global Agenda Council」のメンバーとして、毎年、この会議に出席しているのが田坂広志氏だ。
 同氏は、ビル・クリントン元米大統領、アル・ゴア元米副大統領、トニー・ブレア元英首相、ゴードン・ブラウン前英首相、デーヴィッド・キャメロン英首相、ニコラ・サルコジ前仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相、ウラジーミル・プーチン露大統領、さらには、ビル・ゲイツ・マイクロソフト共同創業者・元会長、ムハマド・ユヌス・グラミン銀行創設者など、数多くのトップリーダーのスピーチを聴いてきた。
 では、同氏が出席してきたダボス会議で、最高のスピーカーは誰か。これから全4回にわたって、強く印象に残っている4人のリーダーの話術について、語ってもらう。第1回は、ニコラ・サルコジ前フランス大統領のスピーチについて伺う。
ダボス会議で最高のスピーカーは誰か?第1回はサルコジ前フランス大統領(ロイター/アフロ)

「胆力」で聴衆を呑んだサルコジ前フランス大統領

――ダボス会議において、フランス前大統領のニコラ・サルコジのスピーチを聴いたとき、その印象は、どうだったでしょうか?

フランスは、大統領クラスになると、誰もがスピーチはうまいので、サルコジも、スピーチの技術はうまいのです。しかし、初めて彼のスピーチを聴いたとき、その「技術」よりも、その「内容」に驚きました。

彼のスピーチを聴いた瞬間、

「この聴衆の前で、こんな話をして良いのか?」
「聴衆は、内心、相当な反発を感じているのではないか?」
そう感じたのですが、次の瞬間、何が起こったか?

彼は、話術における「究極の力量」と呼ぶべきものを使ったのです。

そして、一瞬にして、その場の雰囲気を制したのです。

――「究極の力量」とは、何ですか?

「胆力」です。

いまや、日本において、この言葉は「死語」となりつつありますが、サルコジは、その「胆力」によって、ダボス会議の場を制したのです。

次ページサルコジは、どうやって場を制したのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。