「宝島社」絶好調の理由、女性誌付録だけじゃない!

「宝島社」絶好調の理由、女性誌付録だけじゃない!

東急田園都市線、溝の口駅。改札を出た女性たちが次々と、カルチャーエージェント文教堂・溝の口南口店に吸い込まれていく。

今や付録付きが当たり前の女性誌。同店では付録を別途取り出してお客が手に取れるようにした。そうした中でも売れているのが宝島社(以下、宝島)の女性誌『スウィート』。

1月発売号は1週間で150冊が売れ、他の店舗から回してもらった50冊もあっという間に売り切れた。「1月号は通常号の3倍近い部数を仕入れたが全店舗で完売となった」(雨宮央・文教堂書店営業企画部次長)という。

「一番誌戦略」の大号令 一気に230円値下げ

出版不況下、業界の2008年度販売金額は、ピークの1996年から25%も減少。大手出版社も巨額の赤字に苦しんでいる。その中で気を吐くのが宝島だ(下グラフ)。冒頭の1月発売の『スウィート』は105万部印刷して97万部売れた。実に消化率92%。

日本ABC協会によれば、09年上期の発行部数は『スウィート』が前年同期比144%、同じく宝島の女性誌『インレッド』が同146%、『スプリング』が120%と、全雑誌の伸び率上位3位を独占した。まさにぶっちぎりの独走態勢。それは緻密な仕掛けが生んだ“必然”だった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。