最新「CSR企業ランキング」部門別トップ30

人材活用は富士フイルム、環境はダイキンなど首位

本業喪失の危機を乗り越えた富士フイルムHD(写真は2012年6月の会見時。左が古森重隆会長、右が中嶋成博社長 撮影:尾形文繁)

信頼される会社をデータから見つけるCSR企業ランキングは、以下の4部門の得点を合計して、総合ランキングを作成している。すなわち、(1)人材活用、(2)環境、(3)企業統治+社会性、(4)財務である。今回は、各部門のランキング上位30位までの企業をご紹介しよう。

なお、4つのうち、財務を除く3つの部門では、各評価項目の得点を合計し、トップを100点に変換して計算している。そのため、「100点」=すべての評価項目が満点、ではない。ご注意いただきたい。

次ページ人材活用トップ企業の充実制度
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
キヤノンの「脱」本業<br>御手洗冨士夫 独占激白

カメラ、プリンタ、複写機の事業で利益の大部分を稼ぐが、もはや成長力は失われ、利益率も低下。御手洗会長は「新規事業こそ本業」と断言し、買収で本業の転換を図る。成否はいかに。