五輪ゴルフで大金星、気炎を吐くデサント

ミズノやダンロップに公式ウエアで競り勝つ

記者会見に臨んだデサントの石本社長(中央左)とJGAの安西孝之会長(中央右)

2016年のリオデジャネイロ大会から、実に112年ぶりに五輪競技として復活するゴルフ。その日本代表の公式ウエアサプライヤーの座を射止めたのは、スポーツ用品国内首位のアシックスでも、ゴルフ用品国内最大手のダンロップスポーツでもなく、アパレル専業の印象が強いデサントだった。

4月17日に開いた記者会見で、同社の石本雅敏社長は「JGA(日本ゴルフ協会)と長期にわたる契約を締結できたことは本当にうれしい。ゴルフが112年ぶりに種目として復活し、次の五輪開催地には東京が決定している。ゴルフへの関心がますます高まっていると感じている」と、喜色をあらわにした。

JGAとデサントの契約は、東京五輪が開催される2020年までの7年間。男女の日本代表チームに、五輪などの国際大会で着用するウエアやアクセサリー(キャップ、ソックスなど)を独占供給する。

影の薄かったデサント

昨年までJGAは、代表チームの公式ウエアとして、男子はダンロップ、女子はミズノと、サプライヤー契約を結んでいた。ダンロップは「ゼクシオ」ブランドで知られるゴルフクラブの国内首位メーカー、ミズノも日米欧を軸にゴルフクラブやシューズなどを展開しており、ゴルフ用品ではいずれも世界的メーカーといえる。

次ページサプライズは他にも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。