リクナビ「エントリーあおり」の実態とは?

揺らぐ“就活サイトナンバーワン”ブランド

日本最大の新卒向け就職活動サイト「リクナビ」が揺れている。就活生に、大量の企業に「エントリー」するよう勧める機能が露骨で、「エントリーあおり」だと批判を集めているのだ。

2015年卒生向けの「リクナビ2015」では、数十~100社もの企業に一括エントリーできる「まとめてエントリー」ボタンを随所に配置。「内定獲得した先輩はもっとエントリーしています」とグラフを見せ、さらにエントリーを増やすよう促すなど、過剰なまでにエントリーを推奨している。

この“エントリーあおり”に、就活生もあきれ顔。ドワンゴの川上量生会長が「企業も学生も疲弊する」と名指しで批判するなど、新卒を採用する企業からの批判も起きている。

リクナビでエントリーを“あおる”背景には、何があるのか。運営するリクルートキャリアや、就活生、関係者への取材から探った。

エントリーは「申し込み」ではなく「資料請求」

前提として、「エントリー」の意味を確認しておこう。リクナビで言う「エントリー」は「資料請求」の意味であり、応募(エントリーシートの提出)ではない。これが混同され、一部で的外れな批判が起きている側面はある。

エントリーは、就活生の氏名や学校名、連絡先を企業に通知する行為。エントリーすると説明会の案内などが送られてくるようになり、説明会などに参加して興味を持てば、その後の選考過程に進むことになる。紙の就活の時代で言う資料請求ハガキのイメージだ。

リクルートキャリアの調査によると、2014年卒就活生のエントリー数の平均は60.1社、応募数は20.1社と、実際の応募数はエントリー数の3分の1程度にとどまっている。

次ページ”エントリーあおり”の実態とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。