消費税8%の衝撃。4月に大反動が到来?

実は4月のほうが、3月より安かった?

 グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。そんな中、人気コラム「グローバルエリートは見た!」の筆者で、『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏が後継者を募集。“芸風が似ている”ということで後継コラムニストとして指名されたブラザー・キム氏が、香港を拠点に世界を飛び回りながら、一流エリートと二流エリートの違いをつづっていく。
今回、4Kテレビの購入は見送った(撮影:尾形文繁)

「あれま~、お客さん、3月の5分の1以下ですか。えらい減り方ですね~」

「ええ、4月頭までは3月のお客さんの運送が残ってても、来月はそうとう暇なんですよ」

これは先日、久しぶりに日本に拠点を構えることにしたグローバルエリートの弟子である私が、消費税増税前に買い物をしまくったときの、運送業者さんとのやり取りである。

このたかだか3%の増税なわけだが、心理インパクトと消費者行動に与えた影響は極めて大きかった。日頃、集団心理に巻き込まれず冷静な判断をモットーに生きている私だが、3月はベッドやらテーブルやらテレビやらホームシアターセットやら、実に多くの家具を買い替えてしまった。しかし4月に入ってからは、食事代とか必要最小限の買い物以外は極力控えている。そして今後もしばらく、何も買わないことだろう。

ブルーレイレコーダーと4Kテレビは不要?

なんでもかんでも買い替えた私だが、そんな中でも私が冷静に買わなかったのはブルーレイレコーダーである。これは、そもそもこれだけテレビ番組が面白くないうえ、Youtubeで何でも見れるのに、テレビ番組で録画する価値があるコンテンツがあるとは到底思えないからだ。笑っていいとものみならず、すべての番組を終了しなければならないほど、今のテレビ番組の質は終わっている。

あと、“高モノ買いの銭失い”を繰り返してきた私だが、4Kテレビも買わなかった。そもそもしばらく4K放送がされないのでテレビの画質は当面同じなうえ、現行のハイビジョンでも立派すぎるほどきれいであり、これはデジカメの画素数が500万画素くらいからもうそれ以上上げられても画質の差を全然感じず、1500万画素とか言われてもファイルのサイズが大きすぎて逆に大迷惑を被ったことに相通ずる、“別に上げても仕方ないスペックへの無駄投資”な気がしている。

ただし世の中的にはこれら“あまり必要なさそうなもの”も3月の駆け込み需要ラッシュで、かなり売れたという。これは裏を返せば4月の増税以降、そうとう先の需要まで先取りして消費されたということである。

次ページ第2四半期の消費落ち込みと株価低迷
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。