金融緩和よりも、株価に効く政策がある

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

アベノミクスは試練の時。筆者が「3つの打開策」の可能性を探る(AP/アフロ)

 アベノミクスが「試練の春」を迎える。

現在のアベノミクスには、「あるけれども、実行されていないもの」と「はじめからないもの」の二つの欠落がある。

前者は、いわゆる第三の矢で、規制緩和を中心とするはずだった成長戦略だ。これは、政策として大切だが、もともと実現が期待できるものではなかった。官僚と既得権の壁は厚い。また、効果が出るとしても時間が掛かるものが多く(例外は後述)、「成長戦略がないから、景気は腰折れするし、株価は上がるはずがない…」という意見は、気持ちは分かるが、タイム・スパン的に当を得ていない。

一方、もともと欠落しているのは、再分配政策だ。年金、生活保護などの制度を総合的にリフォームすることをはじめとする再配分政策は、政策パッケージとしてのアベノミクスに入っていない。

これは、別途取り組むべき重要課題だが、安倍内閣の動きは鈍い。ただし、こちらも当面の景気や市場の動きに、直ちに影響するものではない。

金融緩和(第一の矢)は、やった方が良かったし、効果が出た。また、財政出動(第二の矢)は、一時的なものだが、ここまでのところ景気の下支え効果を持った。

次ページアベノミクスは3つの試練を克服できるか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。