「中小企業」の定義を知っていますか?

知らない会社=中小企業ではない!実態把握を

学生は大手狙いしかしない、というのは過去の話。最近の就活生の「中小企業志向」は顕著に高まっているようです。「就職四季報は大手しか載っていない」という書き込みも多く、下に記した公的な会社規模の定義によれば、実際それは否定できません。

中小企業庁の(中小企業基本法による)中小企業の定義

• 製造業・その他の業種:従業員数300人以下または資本金3億円以下
• 卸売業:(以下、従業員数、資本金の順)100人以下または1億円以下
• 小売業:50人以下または5000万円以下
• サービス業:100人以下または5000万円以下

中小企業の採用数は少ない

従業員数、資本金のどちらかの要件を満たしていれば中小企業ということになるので、『就職四季報 総合版』で従業員数300人以下の会社をカウントすると、従業員数が得られる1230社中44社しかないという結果です。

総務省によれば、中小企業の数(会社数+個人事業者数)は、約420.1万社で、全企業数に占める割合は99.7%と、世の中にある会社はほとんどが中小企業です(「平成21年経済センサス-基礎調査」)。

次ページ大企業と中小企業の賃金格差は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。