消費増税を急げば、財政健全化はできるのか

再びデフレリスクを抱えてしまった、日本経済

予算成立後、会見する安倍首相。増税で再びデフレリスクを抱え込んでしまったが、何とか乗り切ることができるか(ロイター/アフロ)

2014年1月から日本株市場の停滞が続いていることもあって、アベノミクスに対する批判をメディアで見かけることが多くなっている。マーケットが荒れると、「アベノミクスの化けの皮がはがれた」などというお決まりのフレーズが増えるのは、2013年半ばから繰り返される「風物詩」ともいえる。

「アベノミクス批判」のウラにあるもの

2014年前半は、消費増税による景気減速が予想されることもあり、投資家の暗鬼はなかなか晴れないかもしれない。2013年に経済・金融市場の姿を変えたアベノミクスの成果をすっかり忘れ、「アベノミクスを気に入らない」人達の声はしばらくヒートアップするのだろう。そうした人達の一部は、2013年の大相場にまったくついてこれなかった方々、あるいはまったく興味がなかった方々なのだろう。

これまでの連載で、「デフレの害悪」、「インフレ」という経済現象の本質について説明してきた。それでも、以下のような批判を頂戴することが多い。「インフレにすれば、経済が良くなる」という理屈がわからない、というものである。インフレという「表層的」なことだけでは、経済は良くならないと思われているのだろう。

筆者は「インフレにすれば経済問題がすべて解決する」などとは考えていないのだが、「インフレ嫌い」の方は、筆者の主張をねじ曲げ、先述のような疑問をぶつけてくる。そうした「歪んだ水晶」を持った方に、筆者の考えを理解してもらうのは非常に困難なのだが、できるだけそうした方にも、デフレの害悪・インフレに正常化する重要性、などをご理解いただけるように努めたいと思う。

次ページデフレこそ、諸悪の根源
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。