アメリカがアベノミクスに味方する理由

「貨幣」から読み解く2014年の世界経済(上)

先行き不透明な状況が続く2014年の世界経済。昨年末に行なわれたFRBによる量的緩和縮小の決定後、日米の株価が上昇したことから、先進国経済が緩やかに成長を続けるとの予測がある一方、新興国通貨の下落や中国経済の成長鈍化というリスクもはらんでいる。
各国が金融政策に神経をとがらせるいま、世界経済の先行きを読み解くために、われわれは「貨幣」の本質について理解を深めなければならないだろう。そこで貨幣論の第一人者、国際基督教大学客員教授の岩井克人氏に話を聞いた。

「円安是認」へと舵は切られた

2013年12月18日、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和の縮小を開始した。金融緩和の出口戦略は、バランスやタイミングのかじ取りが難しいものである。しかし今回の緩和縮小を見ると、市場から購入する債券の額の縮小規模(月850億ドルから750億ドルへ)が比較的小さいことが市場に好感され、FRBの政策決定は成功といえるだろう。アメリカの株価が上昇し、日本の株価もこれに牽引されるかたちで上昇した。

量的緩和縮小について是非を議論する際は、二つの側面に着目しなければならない。一つは金融資本の立場、もう一つは実体経済の立場からの見方である。前者についていえば、金融緩和の縮小によって、アメリカ国債の金利が上昇し、その金利を求めて、世界のマネーがアメリカに入り込み、ドル高を招くという点が挙げられる。その資金の一部は株式や不動産にも流れることで、アメリカの債券・株式市場は「世界のマネーはどこに向かっているか」を測るバロメーターとなりうる。世界中がアメリカ市場の反応を注視しているのもそのためだ。

したがって本インタビュー時点(1月下旬)において、アメリカの株式市場が空前の高値をつけているのは、世界の資金が再びアメリカをめざしていることを物語っている。もちろん株式市場の性質上、株価が乱高下したとしてもおかしくはない。その際に、「アメリカ経済の悪化によって株価が下がった」と判断するのは早計である。

また、逆に、現在の株価や不動産価格の上昇はすでにバブルではないかという見方もあるが、これから述べるように実体経済がまだ回復期であり、成長の余地を残しているという点からみて、それも正しくない。

そこで、金融市場が政策に過剰反応することを踏まえ、長期的なアメリカ経済の展望を見通すうえで、実体経済に目を向けることが不可欠になる。

その観点から見れば、FRBが量的緩和縮小を決定したことは、アメリカの実体経済にとってプラスのサインである。なぜなら、もともとFRBは「実体経済の回復」を緩和縮小の条件として掲げていたからだ。つまり今回の決定は、アメリカ経済の下振れリスクがある程度減少した、という表れにほかならない。

次ページ回復基調の米国経済
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。