ピコラエヴィッチ紙幣 熊谷敬太郎著

ピコラエヴィッチ紙幣 熊谷敬太郎著

ピコラエヴィッチ紙幣はともかく、尼港(にこう)事件は広辞苑にも載っている。シベリア出兵時の大正9年、サハリン対岸の尼港で日本人将兵と一般人730人が赤軍派パルチザンによって殺された一大事件である。

書名のピコラ紙幣は、下落の激しい革命政府のルーブルに代わり日本の商社が尼港で発行し人々の生活に深く浸透していた「島田商会札」で、函館市立図書館に現物が残っている。そのピコラ紙幣と尼港事件にフィクションがない交ぜとなり、興趣は冒頭から盛り上がる。

極寒のシベリアを舞台に鮭鱒漁(サケマス)、ハイパーインフレ、紙幣の印刷と流通、現地経済に浸透する居留民、不満を抱く一部ロシア人と、異色の題材を、さしたる瑕疵もなく終局へ持ち込んだ筆力は一級品だ。ロマンにスリルにサスペンスと、サービス精神にも溢れている。

紙幣印刷技術など細部まで神経が行き届いており、「通貨とは何か」を問うた経済小説でもある。城山三郎経済小説大賞受賞作。(純)

ダイヤモンド社 1680円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。