英ボーダフォン、スペインCATV買収で合意

買収額は1兆円超

3月17日、英ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ会社から72億ユーロで買収することで合意したと明らかにした。写真はボーダフォンのロゴ。ロンドンで昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 17日 ロイター] -英通信大手ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ(PE)会社から72億ユーロ(100億3000万ドル)で買収することで合意したと明らかにした。

ボーダフォンによると、コストと資本支出に対する合併効果(事業統合費用除く)は、合併後4年間で約2億4000万ユーロに達する見通しだ。

同社は自社ネットワークの整備と欧州事業の強化に努めており、欧州の固定ブロードバンド会社の買収はこの2年間でオノが3社目となる。

オノは固定・携帯電話、テレビやインターネット事業を展開しており、顧客数は190万人。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。