英ボーダフォン、スペインCATV買収で合意

買収額は1兆円超

3月17日、英ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ会社から72億ユーロで買収することで合意したと明らかにした。写真はボーダフォンのロゴ。ロンドンで昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 17日 ロイター] -英通信大手ボーダフォンは、スペインのケーブルテレビ最大手オノをプライベート・エクイティ(PE)会社から72億ユーロ(100億3000万ドル)で買収することで合意したと明らかにした。

ボーダフォンによると、コストと資本支出に対する合併効果(事業統合費用除く)は、合併後4年間で約2億4000万ユーロに達する見通しだ。

同社は自社ネットワークの整備と欧州事業の強化に努めており、欧州の固定ブロードバンド会社の買収はこの2年間でオノが3社目となる。

オノは固定・携帯電話、テレビやインターネット事業を展開しており、顧客数は190万人。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。