なぜ香川は、これほど苦戦しているのか?

サラブレッド香川に足りないもの

 今年6月にブラジルで開幕するサッカーW杯。日本代表は本大会で勝てるのか?『サッカーの見方は1日で変えられる』の著者であるスポーツジャーナリストの木崎伸也氏が、日本代表のキーマンの動向を追いながら、本大会への希望と不安を描く。
英国のマンチェスターUで苦戦する香川。その一因は、ドイツでの成功体験を捨てられていない点にある(写真:アフロ)

チーム内の誰よりも優れた武器を持っている。なのに、監督から出番を与えられない――。

マンチェスター・ユナイテッドに所属する香川真司が、苦境に立たされている。今季から指揮を執るモイーズ監督に認められず、ピッチから遠ざかっているのだ。冬にスペイン代表のマタが加入してからは、さらに序列が下がってしまった。ここ1ヵ月間の出場は1月22日のサンダーランド戦(リーグ杯準決勝)と2月25日のオリンピアコス戦(チャンピオンズリーグ)のみ。選手にとって、試合に出られないことほどツライことはない。

日本だけでなく、イングランドでも香川に同情する声が上がっている。モイーズ監督の手腕が、前任者のファーガソンに比べて明らかに劣るからだ。ファーガソンと同じスコットランド出身のこの50歳は、まだチームとしての方向性を示せていない。首位チェルシーと勝ち点差15の6位に低迷し、4位以内に与えられるチャンピオンズリーグ出場権の獲得も危うくなってきた。

イケイケのベンチャーから1部上場企業に

2年前、香川は名将たちから絶世の美女のように扱われていた。

ドイツのドルトムントで大ブレークし、その敏捷性あふれるプレースタイルは、近代的サッカーと抜群の相性を発揮した。アーセナルのベンゲル監督らが獲得に名乗りを上げる中、ファーガソンはドイツまで飛んで香川に求愛し、最後はマンチェスターのホテルで「キミがほしい」と口説き落としたのだった。

ファーガソン監督はコーチに最先端の知識を持つ人材を招き入れることで、27年間にわたってトップレベルを維持した名オーガナイザーだ。だが、気がつけばひとつのスタイルを貫き続けたバルセロナに大きく引き離されていた。

後れを挽回するには、スタイルを変換できる選手を獲得すればいい――。香川はマンチェスター・ユナイテッドをモダン化する切り札になるはずだった。

ところが、香川にとって想定外のことが起こる。加入からわずか1年でファーガソンが去ってしまったのだ。後任でやって来たのは、オーソドックスな考えの“無難”な指揮官だった。

あえてビジネス界に置き換えるなら、ドルトムントというイケイケのベンチャー企業でエース社員になった若者が、1部上場の名門企業から声をかけられて乗り込んだものの、わずか1年で保守的な上司がやってきた……という感じだろうか。

次ページ香川の2つの武器
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。