一流選手はなぜ”ミス”を引きずらないのか?

細貝萌とドイツ代表の心理操作術

繊細な性格で知られる細貝が実践している「パーキング」の技術は、ビジネスパーソンにも役立つはずだ(写真:Bongarts/Getty Images)

どんなに強いメンタルを持っている選手でも、どんなに経験を積んだベテランでも、悩みが頭から離れず、試合に集中できないことがある。

ドイツ代表のミロスラフ・クローゼはブレーメンでプレーしているとき、ある事実無根の噂に悩まされていた。大衆紙に「妻がチームメートと不倫関係にあり、妊娠した」という記事が出たのだ。完全なでっち上げなのだが、クローゼはプレーに集中できなくなり、スランプに陥ってしまった。

悩みは頭の一部に“駐車”する

そんな危機を救ったのが、ドイツ代表のメンタルトレーナー、ハンス・ディーター・ハーマンだった。スキーやハンドボールなど、あらゆるアスリートのパフォーマンス向上を担ってきたスペシャリストは、こうアドバイスした。
「どうしても気になってしまう思考があったら、一度、頭の一部にパーキング(駐車)しなさい。それについては後で考えればいい。パーキングすれば、他のことに集中できるようになる」

クローゼはこれを実践して少しずつ調子を取り戻し、2005-06シーズンにドイツリーグの得点王に輝いた。さらに2006年W杯では、5点を決めて大会の得点王に。のちにクローゼは「メンタルトレーナーのおかげで試合に集中できるようになった」と感謝の言葉を贈った。

ハーマンはこう説明する。

「選手には2つのタイプがある。1つは直感的に、感じたままに行動する選手。FWに多いタイプだ。もう1つは理論的に考えて行動する選手。後者のタイプのほうが周囲の状況に敏感なので、それに合った対処をするのが望ましい」

次ページ試合中にミスしてしまったら……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。