海外組に学ぶ「上司にわからせる技術」

長友、乾、細貝の自己アピール法

サッカー選手にとって大事なのは、監督からの信頼を得ること。そのためには、正しいアピール法が欠かせない(撮影: 澤田仁典/アフロ)

サッカー界において選手の愚痴で最も多いのは、「監督は自分のよさをわかってない」というものだろう。

サッカーでは交代選手が1試合3人に限られており、多くても14人(先発11人+交代3人)しかピッチに立つことができない。1チーム当たり所属選手はおよそ25〜30人。約半分もの選手が、なかなかチャンスを与えられないのだ。サッカーというスポーツは、選手が監督に不満を募らせやすい構造になっている。

だが、いくら人のせいにしても、状況が変わるわけではない。選手は「わかってもらう」という待ちの姿勢ではなく、「わからせる」という攻めの姿勢が必要である。

ドイツで5年間プレーした風間八宏(現川崎フロンターレ監督)はこう言う。

「頑張っているかを決めるのは、自分ではなく、周りにいる他人だ。本人が『頑張っているつもり』でも、周りから見たら『頑張っていない』ということがよくある。自分がドイツでプレーしているときは、『わかってもらうのではなく、わからせる』という考えでやっていた」

自分の存在を、監督にどう響かせるか――。それがうまいか、下手かで、プロ人生は大きく変わってしまう。はい上がってトップレベルに到達する選手、そしてそこに居続ける選手というのは、その「わからせる技術」が実に優れている。

今回は3つの例を挙げたい。

次ページ長友が初面談でやったこと
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?