2度目の”社長公募” ユーシンの焦り

田邊会長兼社長「前回は失敗だった」

全国紙に掲載した社長公募の広告

「社長候補求む!」

自動車用のキーセットなどを製造するユーシンは2月16日、全国紙に次期社長を公募する広告を掲載した。上場企業のトップを公募するのは異例。しかも、ユーシンではこれが2度目だ。

1回目の公募は2010年。ユーシンで30年以上トップにいる田邊耕二会長兼社長(80)が「海外展開を担う後継者が社内にいないため、外部から広く集めたい」との理由から、今回と同じように新聞広告で募集。1700人以上応募があり、その中から選ばれた外務省のキャリア官僚だった八重樫永規氏(当時48歳)が2011年5月、取締役社長代行に就任した。

だが、八重樫氏は半年で取締役を辞任。一度失敗したにもかかわらず、またも公募に踏み切ったのはなぜか。田邊会長兼社長に聞いた。

求めるのは「地頭のいい人」

――再び社長公募に踏み切った理由は。

うちの中に人材がいないからだ。ヘッドハンターにも頼んだが、なかなかいい人材を見つけられなかった。だったら、うちに来たいと手を挙げてくれる人がいいだろうとなった。

一度目の公募は失敗だった。応募者は1740人集まったが、みんな自分の会社を辞めてここに来ようとするわけで、社内ではあまり優遇されていなかった人なのではないかと思う。そういう人は、元来、好ましくない。

  今度は、現在の会社でも評価され、優遇されている人の中から選びたい。僕の考えでは、本当に頭がいい人は100人中に3人の割合。この人たちは後から勉強したわけではなく、生まれつき地頭がいい。この3%の人に来てもらわなければならない。

次ページ前回失敗したワケ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。