「オデッセイ」の車高が14センチ上がったワケ

"らしさ"を捨てた、ミニバンブームの火付け役

 

かつて一世を風靡したミニバンは復活できるのか――。

ホンダは10月31日、3ナンバーサイズのミニバン「オデッセイ」をフルモデルチェンジし、11月1日から販売を開始すると発表した。1994年に登場して以来、5代目となる。標準モデルは249万~305万5000円、上級モデルの「オデッセイ アブソルート」は315万4000~373万円。月間販売目標は4000台としている。

初代のオデッセイは、「多人数乗用車に革命をもたらし、日本にミニバンブームを巻き起こした」(伊東孝紳社長)とホンダが自認する車種。これまで累計105万台を売り上げ、ホンダの屋台骨を支えてきた。

販売は右肩下がり

だが、2003年のモデルチェンジ、04年にやや大きい車格の兄弟車「エリシオン」を投入した後はひたすら右肩下がりだ。

4代目となる08年のモデルチェンジも不発に終わり、トヨタ自動車の「ヴェルファイア」と姉妹車の「アルファード」、日産自動車の「エルグランド」の前に、土俵際に追い詰められていた。

12年のオデッセイ・エリシオンの合計販売台数はわずかに9598台、ヴェルファイア・アルファードの月間販売台数レベルに止まっている。

次ページなぜ不振に陥ったのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。