男にも女にもモテる、「女前」の3つの条件

「かわいい」「色っぽい」「華奢」な女を目指せ

 「女前(オンナマエ)」が日本を変える──。この特集では、男も女も支持して、本人も充足しているキャリア女性を「女前」と定義。そんな女性を5日連続で紹介しながら、「女前」の条件を考察していく。1日目は、女性がなりたい女性像の見た目を、販売部数ナンバーワンのファッション誌『InRed』(宝島社)の箕浦ちさ子編集長にうかがう。

2020年までに「女性管理職3割」は実現するか

バリバリ、ガツガツ、ギスギス。今日も「男前」なキャリア女性から濁音系の音が聞こえてくる……。

政府は「女性の活用」をうたうが、組織の山を登る女性の道は険しい (写真:アフロ)

「女性の活用」を成長戦略の柱のひとつに掲げる安倍晋三首相。政府は「2020年までにあらゆる分野で管理職に占める女性の割合を3割にする」との目標を設定しているが、それははたして可能か。

あなたの職場で、仕事がデキるキャリア女性をちょっと思い浮かべてほしい。

女性は、その人にあこがれますか?

男性は、その人と一緒に仕事をしたいですか?

答えが「イエス」なら「管理職の女性比率3割」も実現可能。「ノー」なら絵空事に終わるだろう。女性にも男性にも支持されないようなキャリア女性が増えていくわけがない。

そして、これまでに日本の組織で男並みに働き、道なき道を進み、けもの道を踏み固めていった「男前」なキャリア女性には、「イエス」と言いがたい雰囲気を漂わせているケースが多々見られる。まず見た目や振る舞いが、女を捨てている。いくら仕事ができても、いや、仕事ができるから、かえって欠落した女の部分が目立つ。

「男前」なキャリア女性に“3本の矢”

かくして「男前」なキャリア女性には、周囲から“3本の矢”が放たれる。1本目は女性たちから「大変そう。あんなふうにできないし、なりたくない」。2本目は男性たちから「あれ、ほとんど男だろ。女に見えない」。3本目は当の本人から「ああ、しんどい。これって本当に私が望んでいること?」。

表面的には同じ職場で働いていても、「男前」なキャリア女性の内実は孤軍奮闘。さらに自分の中で、時折、もたげてくる疑問を押さえ込んで頑張り続けるうちに、きしみが生じて、中長期的にはポッキリ折れてしまう。これは本人のためにも、組織のためにも大きな損失だ。仕事がデキるキャリア女性の後に、若い女性たちが続かなければ、アベノミクスは成功しない!

ポッキリ折れないためには強さではなく、しなやかさとやわらかさが必要。つまり、女を捨ててはいけない。女性らしさに女はあこがれ、男は一緒に仕事をしたいと思うのだ。問題は、男性と同じように働きながら、どうやって女性らしさを保持するかである。

男も女も支持する「女前」の条件とは

この特集では、男も女も支持して、本人も充足しているキャリア女性を「女前(オンナマエ)」と定義する。そんな女性を5日連続で紹介しながら、「女前」の具体的な条件を考察していく。

まず1日目は、女性がこうなりたいと思う女性像の見た目を考える。女性らしさは見た目の比重が大きく、また、異性より同性の目のほうが厳しいからだ。

次ページ「ネエさん」扱いされて戸惑う30代女性
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。