LINEとヤフーに学ぶ、変化に強い組織創り

強い経営チーム・組織を創る(その2)

 IT業界の国内外のキーパーソンが一同に会す、インフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)。 IVSは経営者・経営幹部のみを対象にした招待制のカンファレンスとして、年2回開催されている。本連載では、2013年12月3日〜4日にかけて京都で 開かれた「Infinity Ventures Summit 2013 Fall Kyoto」のイベントの一部を紹介。第2回目は、GMOインターネット、LINE、ヤフーのキーパーソンによる「強い経営チーム・組織を創る」のセッ ションをお届けする。
<「強い経営チーム・組織を創る」セッション登壇者(写真左から)>
(モデレーター)
・プロノパ 社長 岡島悦子氏
(スピーカー)
・GMOインターネット 会長兼社長 熊谷正寿氏
・GMOインターネット 専務取締役 安田昌史氏
・LINE 社長 森川亮氏
・LINE 執行役員HR 担当 落合紀貴氏
・ヤフー 副社長兼最高執行責任者 川邊健太郎氏
・ヤフー ピープル・デベロップメント本部長 本間浩輔氏

 

(その1) 強い組織創りのヒントは、「宗教」にあり

3年で売上高が50倍に

岡島:それでは次に、LINEのほうに移りたいと思います。私が知る限り、LINEはこの3社の中では最も軽い経営組織を目指していらっしゃるのではないかなと思うのですが、そこも含めて教えていただいていいですか?

森川:そうですね、僕たちの会社のこれまでの経緯を簡単に説明します。

もともと僕が入ったのは2003年で、当時は30人くらいの会社でした。最初はハンゲームというゲーム事業をやっていまして、ゲームとネイバーという検索の会社が合併して、2003年にNHN Japanになりました。その年から僕はゲーム事業の責任者をやって、そこから2005年ぐらいまで急成長したんですね。

僕が役員になって、2007年から社長をやっているんですが、急成長して年間の売り上げが2億円から3年で100億円くらいに上がったんですよね。それで大量に採用しましたが、どうしても長い人が逆にそれで落ち着いちゃったというのがあって、僕が社長になった時にまず社員の給料を全部リセットしました。(勤続年数が)長い人も短い人も。

岡島:勇気ありますね!

森川:けっこう大変でしたけれどね。それと翌年にもうひとつやったことがあります。僕たちの会社は外国人が多かったんですが、日本はやっぱり世界的にみても賃金が高くて、賃金が高い国でやるのはクリエイティブじゃないといけないということで、オペレーションとクリエイティブに分けて、オペレーション業務を中国と福岡に持っていきました。

それからNAVERというインターネット検索サービスを立ち上げて、そしてライブドアが一緒になって、翌年3社が統合しました。そんな中で立ち上がったのがLINEです。すさまじく変化をしていく中で、人もかなりダイナミックに入れ替わって、多分一番長い人は、僕ともう数人ぐらいしかいないはずです。それぐらい、すごく目まぐるしく変わってきたんですよね。

あとはあまり管理をせずに、サッカー型っていうんですが、ストライカーみたいに、ドリブルでシュートまで持っていけるような人に球を任せるような、そんなやり方をしていますね。

岡島:ある意味理想的な感じかなと。あまり管理しなくてもいい、もしかしたら経営はあまり色々やらなくてもいい。むしろ、すごくやっているのは、経営リソースの再配分みたいなものでしょうか。一番できる人が一番いいところで働いているみたいな、そんなことをやっている感じですよね。

次ページ普通の会社にはしたくない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。