「減額でも黒字確保」で名を上げたホンダだが、正念場は来期

「減額でも黒字確保」で名を上げたホンダだが、正念場は来期

ホンダは2008年4~12月期の決算発表と同時に、今09年3月期の通期業績見通しを下方修正した。修正後の今期見通しは、売上高10兆1000億円(前期比15%減)、営業利益1400億円(同85%減)と、当期純利益800億円(同86%減)。

販売不振と為替レートの見直しにより再度の減額となったものの、通期営業利益を1400億円の「黒字」としたことを評価する報道も多いが、一断面を切り取って採点するのは適切ではない。気になるのは棚卸し資産が12月期末で1兆3658億円と、9月末時点の1兆3348億円より増えている点だ。主力の米国市場における在庫日数は12月時点で100日と高水準にとどまっており、売り上げの急落に生産調整がまだ追いついていない。つまり、厳しいのはこれからで、来2010年3月期は今上期のような為替の優位性も剥落することから、営業益は通期で喫水線をたどることになるだろう。「東洋経済オンライン」では、来期予想を下表の通りとする。

ちなみに、今回の減額について会社側では想定為替レートを1ドル85円、1ユーロ110円に、通期平均で1ドル101円を100円に、1ユーロを136円から140円にそれぞれ変更している。通期の売り上げ台数は4輪車が従来予測の365万台から352.5万台に、2輪車が同1030万台から1017.5万台へいずれも下方修正している。


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
◎本2008.03   12,002,834    953,109    895,841    600,039
◎本2009.03予  10,100,000    140,000    135,000     80,000
◎本2010.03予   8,600,000          0      5,000     73,000
◎中2008.09    5,694,086    370,198    384,557    302,927
◎中2009.09予   4,400,000     -3,000     30,000     42,000
-----------------------------------------------------------
          1株益\    1株配\
◎本2008.03        330.5          86 
◎本2009.03予        44.1          66 
◎本2010.03予        40.2       22-44 
◎中2008.09        166.9          44 
◎中2009.09予        23.1       11-22 
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。