自動車教習所が窮地に! 「免許離れ」が深刻化


 「もはや少子化だけが原因ではない」--。ある自動車教習所の関係者はこう漏らす。

自動車の販売不振が深刻化する中、自動車教習所もかつてない苦境に立たされている。警察庁が発表した運転免許統計によると、公安委員会が認定した指定自動車教習所の卒業者数は20年前に260万人超だったのが、2007年末には約178万人にまで縮小。背景には、自動車免許の取得年齢である18歳人口の減少がある。だが、「特に去年からの入学者数の落ち込みが激しい」と教習所関係者は口をそろえる。「07年も入学者数は対前年比で3%減。でも08年は10%以上落ち込みそうだ」(東京都内の教習所)。

都心でも地方でも激化する値下げ競争

自動車業界では以前から、若者のクルマ離れが販売低迷の原因に挙げられてきた。だが今年はそれに不況が重なり、教習所にすら通わない「免許離れ」が深刻化している。今や若者のおカネの使い道として優先順位が高いのは、パソコンや就職に有利な資格取得。自動車免許取得は後回しだ。ある教習所の経営者は「もはや免許は必要ない時代に入った」と嘆息する。

生徒数の急激な落ち込みで、業界の構造的な問題も浮き彫りになっている。教習所数の供給過剰である。

戦後、教習所は「国策」として増やされてきた経緯がある。モータリゼーションが進んだ1960年代、都道府県の公安委員会は民間の教習所に、「指定業者」として卒業生に技能試験を免除する資格を次々と与え、膨張する免許人口を支えてきた。その結果、60年にわずか125カ所だった指定教習所は、73年には1300カ所にまで急増。「その頃は畑を潰して教習所を作れば儲かったので、たくさんの地主が手を挙げた」と別の経営者は振り返る。

その後、「国民皆免許時代」が到来し、18歳人口は92年をピークに減少に転じたが、教習所数は高止まりを続けた。90年代後半以降は減少傾向にあるものの、07年末で1424校を数え、供給過多は依然として深刻。「香港は700万人の人口がいるが、教習所は3校しかない。日本も700校くらいでいいのでは」(教習所関係者)。

限られたパイを奪おうと、値下げ合戦は激化している。東京・多摩地区はJR中央線沿線に教習所がひしめき合い、特に価格競争が激しい地区として知られる。AT限定の免許料金では入学費や教材費を含めて20万円台前半と、10年前より2~3割安い。各社が割引キャンペーンを喧伝し、値下げに消極的だった教習所ですら、「料金格差が3万円程度なら手厚いサービスで対抗できたが、7万~8万円も違うとこちらも下げるしかない」と、値下げに追従せざるをえない状況を認める。

若者が密集する都心部に対抗して、地方の教習所も値下げに躍起だ。地方はもともと人件費や土地代が安く、コスト競争力が高い。そのため低料金をウリに都心の教習生を呼び込む合宿プランがしのぎを削る。時期にもよるが、往復交通費や食費、宿泊費込みでAT限定20万円以下と破格の提示をする教習所もある。それでも「合宿免許はインターネットで料金比較する人が多く、下げ止まる気配がない」(合宿免許の斡旋を手掛けるエル・アンド・アイの阿部勝明社長)。

泥沼化する値下げ合戦により、各社の経営環境は厳しさを増している。人件費を抑えるため、20代前半の若い指導員を多く採用するケースも目立つ。飛鳥交通や国際自動車など大手タクシー会社系列の教習所には、すでに撤退の動きも生じている。

アイデアが出せない教習所の古い体質

相次ぐ値下げで体力の消耗戦に陥るのを防ごうと、独自の差別化策で顧客獲得を狙う教習所も出ている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。