ゲーミフィケーション×OJTの人材育成

“ハイブリッド型”グローバル人材育成のすすめ

 SNSやスマートフォンの隆盛は、マーケティングや消費者とのコミュニケーションのあり方を根本から変え、新たな勝ち組・負け組企業を生んでいる。そして今、その潮流は「人材育成」のあり方も変えようとしている。
 スマートフォンアプリを使った研修コンテンツの配信、シミュレーションゲームのコンセプトを援用したグローバルでの課題解決、ナレッジのリアルタイムでの創造・共有……。今回、アクセンチュア株式会社 経営コンサルティング本部が、その最新の動向をレポートしつつ、テクノロジーの進化が主導する人材育成3.0の方向性と最新の取り組み事例を提示していく。 

「テレビゲーム」に熱狂するメカニズムとは

過去、スーパーマリオブラザーズを一度もプレーしたことのない読者は少ないのではないか。幼き日、宿題そっちのけで夜遅くまでプレーし、母親に小言を言われた読者も多いことだろう。ただ、これは必ずしも、ありし日の少年が“怠慢”だったとか、“自分に甘かった”ということを意味しない。実は、スーパーマリオブラザーズをはじめとするテレビゲームには、少年たちを熱狂させるメカニズムが埋め込まれてあったのだ。

その少年泣かせのメカニズムをひもとくと、大きくは以下の4つである(下図)。

以上の要素が、若き日のわれわれに「娯楽性」「競争心」「達成感」をもたらし、少々の母親の小言など振り切って、ファミコンコントローラーにかじりつかせていたのである。

このような、ゲームを面白くするために使われる技術やノウハウを、企業のサービス・事業開発やマーケティング、教育など、ゲーム以外のさまざまな場面で活用する動きが活発化している。こういった取り組みは「ゲーミフィケーション」と呼ばれ、人材育成の領域でも近年、活用され始めている。

ただ、現在のところ、人材育成領域に導入され始めているゲーミフィケーションは玉石混交であり、単なる教育の娯楽化の追求(過去のエデュテインメントの焼き直し)にすぎないものも多いし、従来からある経営コンセプトを無理やり話題のゲーミフィケーションと結び付けて語られるケースも多い。たとえば、「経営の可視化」という従来からあるテーマにおいて、社員に経営情報を開示する速さをランキング形式で表示し、上位者には報酬を与える仕組みをもって “ゲーミフィケーション”と称したりしている。また、教育コンテンツにゲーム性を加えるのは、アイデアベースで比較的少額投資で取り組めることから、ベンチャー系企業の活用が目立ち、まだまだ“大企業”における活用は緒に就いたばかりという状況である。

次ページグローバル人材育成、2つの課題
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。