秋の気分の落ち込み これってうつ病?

「憂鬱な気持ち」と「鬱病」の違い

「ちょっと体調が悪くて……」「なんか最近体が……」こんな悩みを抱えているビジネスマン は多いはずだ。だが忙しい企業戦士のみなさんのこと、気軽に休暇を取得して病院で一日じっくり検査、というわけにはいかないだろう。たいてい、「寝れば治る」でほっておいてしまう人が多い。
だが、ちょっと待ってほしい、その病気になる直前の”病気もどき”こそ体のSOS信号なのだ。この連載では看過することのできない”病気もどき”について医療ジャーナリストの安達純子氏が解説する。

「憂鬱な気持ち」と「鬱病」の違い

枯葉が落ちる季節は、なんとなく悲しい気分に包まれると言う人がいる。夏場に青々と生い茂っていた葉が枯れ、日照時間も日に日に短くなると同時に心も沈みがち。加えて、仕事では期変わりや人事異動などで、秋になってから忙しい時期を迎えた人もいる。重責に押し潰されそうになりながら、山積みの仕事を片っ端から片付けて、「できる人」と絶賛されても、ときにはうっかりミスをしてしまうことはあるだろう。

失敗に落ち込むだけでなく、上司や同僚からイヤミの一言でもあれば、さらに奈落の底へ。「はあ~、イヤになる」とため息が出て、職場へ向かう足も重い。こんな憂鬱な状態に陥るのは、決して珍しいことではないが、一般的な憂鬱な気分と、近年、患者数が増加傾向にあるうつ病をどう見分ければよいのか。

杏林大学医学部精神神経科学教室の古賀良彦教授が説明する。

「うつ病の患者さんの症状では、睡眠障害が伴い、朝起きるのはツライというのが特徴になります。夜の11時や12時に眠っても、午前2時や3時に目が覚めてしまう。『早朝覚醒』といって、朝早く目が覚めても身体は動かないのです。イライラして、悲しみに包まれ、朝の気分の落ち込みが激しくなる。このような状態は、風邪のときの発熱やノドの痛みと同様で、病気のサインと思ったほうがいい。専門医のいる大きな医療機関へ受診することをお勧めします」

次ページ薬で症状が改善しない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。