私が1時間のスピード転職を決めた、「一言」

「キレナビ」編集長 はあちゅうに聞く

IT・ネットの業界に限らず、若くて元気な起業家達が、「スタートアッパー」として世間で注目を集めている。この流れを象徴するひとりが、仲暁子氏だ。ゴールドマン・サックスに入社した後、Facebook Japanに初期メンバーとして参加。その後、Facebookを活用したソーシャルリクルーティングサービス『Wantedly』を展開。大企業→スタートアップとキャリアを進めた仲氏が注目のスタートアッパーと対談するのが本連載。彼らはどのような価値観を持って、起業へと踏み切ったのだろうか。知られていないホンネを探る。
第4回は、ソーシャルメディアマーケティング事業で急成長するトレンダーズ株式会社にて、ドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」編集長を務める伊藤春香さん。大学在籍中に「はあちゅう」の名前で立ち上げたブログが人気を集め、カリスマブロガーとして講演や執筆、また企業から協賛を募って「タダで世界一周する」企画を実現するなど、活動の場を広げてきた。昨年は、焼き肉好きの男女をマッチングさせるソーシャルマッチングサービス「肉会」をスタートした。ビジネスパーソンとしての「伊藤春香」であるとともに、「はあちゅう」としても活躍し続ける、彼女のキャリア観を聞いてみよう。

即決1時間のスピード転職

:今日はよろしくお願いします。はあちゅう、かわいい! ワンピース、ガーリーだね!

はあちゅう:はい、はあちゅうは基本、ガーリーなんです(笑)。

:そうなんだ(笑)。これまで3回にわたって大企業をやめて起業した方々とお話しをしたんだけど、今日は、転職組のキャリア観についても初めて聞けるので、楽しみにしていました。あらためてこれまでの経歴について紹介していただいてもいいですか?

はあちゅう:はい、よろしくお願いします。伊藤春香と申します。大学生のときに、「はあちゅう」という名前でブログを始めて、ブロガーとしていろんな活動をしました。大学卒業後2009年に電通に入社して、名古屋の中部支社に配属されたのですが、その年の社内のコピーライター試験に受かって、コピーライターとして1年半ほど東京で働きました。それからトレンダーズに転職して、今は「キレナビ」の編集長をしています。

:さっそくだけど、電通のコピーライターってなりたくても、なかなかなれないよね。なのにどうしてトレンダーズに転職したの?

次ページスピード転職を決めた「一言」とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。