Facebookの10分の1? Twitterの価値

株式公開するツイッターの”企業価値”が明らかに

フェイスブックに次ぐ大物ITベンチャーの株式上場として注目を集めるツイッター。10月3日に証券取引委員会へ提出された資料から、ベールに包まれていた収益の詳細が初めて明らかになった(関連記事「ツイッターの上場申請で稼ぎ具合が”丸裸”」)。

さらに今回、10月24日に公表された資料で、ツイッターの企業価値が算出できる。

資料によれば、株式公開価格の目安は1株あたり17ドル~20ドル。最大で8050万株を売り出す予定なので、株式上場による調達資金は、もっとも多くて16億ドル(約1600億円)となる見通しだ。

そして、上場後の発行済み株式総数は5億4469万株になる予定。これに公開価格の上限である1株20ドルを掛けると約109億ドルだから、ツイッターの企業価値(時価総額)は約1兆円ということになる。

先に上場したフェイスブックと比べると

では、109億ドルという時価総額は、ほかの有名IT企業と比べてみると、どれくらいの水準なのか。

まず、新規上場の”先輩”と比べるとどうか。ツイッターよりも一足先、2012年5月に株式上場を果たしたフェイスブックの時価総額は現在約1300億ドルなので、ツイッターの企業価値は、その10分の1以下だ。フェイスブックの直近の売り上げは約50億ドルに対し、ツイッターは約3億ドルだから、売り上げも時価総額もケタが1つ違う。

次ページヤフーの時価総額といい勝負?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。