笑いのセンスは、江戸時代に学べ!

たとえ捕えられても、笑わせたい人たち

江戸時代の笑いのセンスを浮世絵で見てみようという展覧会、「笑う浮世絵 戯画と国芳一門」が、原宿の太田記念美術館で開かれている。マンガのルーツとも言われる江戸の「戯画」とはどんなものなのか? フランス人にも人気というこの展覧会について、主任学芸員の渡邉晃さんにお話を伺った。

とうもろこしの歌舞伎

浮世絵には『富嶽三十六景』のような風景画、歌舞伎俳優を描いた役者絵、美人画などのほかに、面白おかしい絵を描いた「戯画」というジャンルがある。社会を風刺した大人向けのものもあれば、「コロコロコミック」を思わせる、小学生に受けそうな謎解きや下ネタもあった。

「江戸の町では、今の書店にあたる“絵草紙屋”で浮世絵が売られていました。小さな店は子供の頃に行った駄菓子屋のようなイメージ。絵がひもで吊るされていたり、台の上に並べられていたりして、庶民が好きなものを選んで買っていました」

浮世絵は木版画で何十枚、何百枚と大量に刷ることができるので、価格は今でいえば1枚数百円だった。

「なるべく16文以下で 売るようにとのお触れ書きが出ていました。二八そばが1杯16文ですから、400円、500円ぐらいでしょうか。3枚セットで60文というものや、 現在の感覚で1枚数千円もする高価なものもありました」

中には7000枚の大ヒットになった役者絵もあったという。

歌川国芳『道外とうもろこし 石橋の所作事』 中判錦絵 弘化2~3(1845~46)年ごろ 個人蔵 後期展示

さて、風景画や武者絵に筆を振るう一方で、戯画にも才能を発揮したのが江戸後期の絵師、歌川国芳だった。上の『道外とうもろこし 石橋の所作事』では、とうもろこしのヒゲを毛に見立てて、歌舞伎の「鏡獅子」の毛振りを描いている。

ぐるんぐるんと毛を回す激しい踊りで、昨年亡くなった中村勘三郎が得意とした演目だ。お囃子は、サツマイモとカボチャ(シイタケという説もある)が担当している。国芳はこのように野菜や動物を擬人化したユーモラスな絵を数多く描いた。

次ページ猫文字?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。