ヤフー、「価格破壊」でネット通販天下取りへ

出店費用無料化の激震。宿敵・楽天はどう動くか

10月7日の「Yahoo!JAPANストアカンファレンス2013」に登場したソフトバンク社長(ヤフー会長)の孫正義氏。2020年度までの必達目標として、「国内EC流通総額ナンバーワン」を掲げた

ポータルサイト国内最大手のヤフーが、ネット通販のテコ入れを狙い、背水の陣ともいえる大勝負に打って出た。今年10月の請求分から、ネット通販サイト「Yahoo!ショッピング」の出店料金と売上高手数料を完全無料化。日本最大級のオークションサイト「ヤフオク!」の出店料金も無料化する(売上高手数料5%は据え置き)。無料化の期限は区切らず、恒久的に対応する。

また「Yahoo!ショッピング」では年内にも、個人出店を可能とする(現在は法人限定)。これらの新たな出店者誘致策により、2020年3月期までに国内ネット通販事業者として流通総額(サイト上の取扱高)ナンバーワンを目指す。

これまでのヤフーは間違っていた

これらの施策を10月7日開催の「Yahoo!JAPANストアカンファレンス2013」で発表した。カンファレンス冒頭で発表したのは、宮坂学社長兼CEOではない。およそ3年半ぶりにソフトバンクの孫正義社長がヤフー取締役会長の肩書きで登壇し、熱弁を振るった。

孫会長はプレゼンテーションの中で「無料」「自由」という2つのキーワードを強調。特に「無料」については、「今日のお話の中で何を聞いたかと思ったら、これだけは思い出して欲しい」と出店者に向けてメッセージを送った。

孫会長は「そもそもインターネットは自由な環境であるべきはずなのに、eコマースだけが(出店等の)コストがかかり、不自由だった。これまでのヤフーは間違っていた」とも述べた。「Yahoo!ショッピング」を核としたヤフーのショッピング関連事業における流通総額は、13年4~6月期に2四半期連続で前年割れを記録。市場全体の伸びが2ケタを超えているにも関わらず、ヤフーのネット通販事業が苦戦していることも、今回の決断の背中を押したと見られる。

次ページキーパーソンは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。