ホンダの新型「フィット」、トヨタを猛追

9月末までの累積受注は5万7000台を記録

9月6日に発売されたホンダの新型フィット。9月30日までの累計受注台数が5万7000台以上に達した。月間販売目標1万5000台に対して3.8倍と、予想通りの好調な出足だ。このうちハイブリッド車は70%以上を占めており、あらためて日本市場でのハイブリッド人気が裏付けられた格好だ。旧車種は約5割がハイブリッドだった。

ホンダにとって、新型フィットはコンパクト車の最重要機種だ。ハイブリッド車の場合、最高燃費はガソリン1リットル当たり36.4キロメートル。ライバルであるトヨタ自動車の「アクア」の同35.4キロメートルを上回っている。

寄居工場で本格量産へ

10月4日に発表された9月の車名別販売ランキングでは、フィットは1万9388台と、首位アクアの2万6543台、プリウスの2万3069台の後塵を拝した。ただ、こちらの数字は実際に客にわたった台数なので、受注からはタイムラグが出る。

フィットは現在、量産の立ち上げ段階で従来の鈴鹿工場(三重県)で生産されているが、11月以降はフィット用に立ち上げた寄居工場(埼玉県)での本格量産が始まる。生産ピッチが上がってくれば、販売数字にも反映されてくるだろう。念願の販売トップ奪取に期待がかかる。

次ページトヨタも反撃へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。