6年ぶり刷新、ダイハツ「タント」のこだわり

シェア拡大の切り札がついに登場

ダイハツ工業は10月3日、6年ぶりに全面刷新した主力の軽自動車「タント」を発表し、発売を開始した。

タントは車高が高い「スーパーハイトワゴン」というタイプの軽自動車だ。燃費性能は1リットル当たり28.0キロメートルと、前モデルから3キロ改善した。ライバルであるスズキのスーパーハイトワゴン「スペーシア」の29.0キロにはおよばないが、「その分、機能性の充実を図った」(三井正則社長)という。

車内の広さを追求

中でも、こだわったのは車内空間を広さと使いやすさの向上だ。運転者の前頭部からフロントガラスまでの距離を広げたり、頭上から天井までの距離を上げたりするなどして前部、後部座席とも前モデル以上の広さを確保した。また、前モデルから助手席ドアと後部ドアの間の柱(ピラー)をドアに内蔵して間口を広げた「ミラクルオープンドア」を引き続き搭載。さらに助手席側に加え、運転席側の後部ドアもスライド式にすることで、荷物の積みやすさ、乗り降りのしやすさを追求した。

安全面でも、衝突回避(自動ブレーキ)システムなど4つの機能からなる「スマートアシスト」を設定している。

次ページライバルを意識
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。