タントに対抗し日産、三菱自動車が「奇策」

発売の3カ月以上も前に新型軽自動車のデザインを発表

日産自動車は10月3日、三菱自動車との合弁会社「NMKV」(2011年6月設立)で共同開発する軽自動車の第2弾となる「デイズ ルークス」(以下:ルークス)の外観と内装デザインを公表した。

ルークスは、来年初頭に発売する予定の車種で、その3カ月以上も前に外観デザインだけを公表するのは、極めて異例だ。事前にデザインを発表すると肝心の発売時には新味がなくなるためだ。

常識破りを行ったのは合弁相手の三菱自動車も同じ。同じ10月3日、「eKスペース」「eKスペース カスタム」の車名を発表。それぞれの外観写真、内装写真を公開している。

ダイハツ「タント」へ対抗

あえてこの日に公表した狙いは明白だ。まさに同日、軽自動車大手のダイハツが人気車種「タント」をフルモデルチェンジして発表、発売を開始したからだ(関連記事「6年ぶり刷新、ダイハツ『タント』のこだわり」)。

タントはルークスやeKスペースなどと同じく、車高が高い「スーパーハイトワゴン」というタイプの軽自動車。正面からぶつかるライバル関係といえる。しかもタントはこのジャンルの草分けとして高いブランド力を持っており、モデル末期だったにもかかわらず、近年も比較的堅調な販売を続けていた。

次ページトップに躍り出たホンダ「N BOX」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。