大量発生中!墜ちたベテラン弁護士

弁護士の懲戒処分件数、過去最高更新へ

甘い処分が弁護士の信用をますます失墜させる

それにしても素人目からすると、弁護士への処分はあまりにも甘い。実際に懲戒請求に至るケースは、実際に発生している弁護士の非行のうちのほんの一部にすぎない。

過去に筆者は2度、執筆した記事で名誉毀損訴訟を起こされた経験がある。結果的に2件とも完勝することができたが、そのうちの1件は、1審でまさかの敗訴。だが2審で弁護士を替えたとたん、相手方の請求放棄で完勝を勝ち取れた。原告からの訴訟取り下げは被告側の同意がなければできないが、請求放棄は同意がいらない。弁護士を替えたとたん、原告は敵前逃亡を決め込んだのである。

1審で付いた弁護士は4人だったが、終始一貫、筆者の話をまじめに聞かず、手を抜き続けた挙げ句、証人尋問の場で、4人のうちのひとりが大口を開け、大きないびきをかいて寝始める、というふまじめさだった。この4人の弁護士の名前と顔は一生忘れないつもりでいるが、筆者はこの4人の懲戒は請求していないし、したところで弁護士会にはおそらく相手にもされなかっただろう。

筆者は記者を職業にしたからこそ、誠実で高い能力を備えた多くの弁護士を知る機会に恵まれたが、国民の大半はまともな弁護士にたどり着く方法を知りえない。

日弁連はもう少し懲戒のあり方を考えるべきだろう。そうでなければ、弁護士に自治権を与えていることに、社会の理解を得られない日がいずれやってくるに違いない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。